男の人

幅で変わるタイヤのグリップ性能|乗り心地に影響する扁平率

ホイール交換のメリット

複数のホイール

ホイールを交換すると見た目が変わるだけでなく、車の性能にも影響してきます。特に走行距離が伸びるほど影響してくる燃費はホイール次第でよくすることも可能です。軽量なものほどそれなりに値段が高くなります。

More...

パンクにも強いタイヤ

タイヤ

タイヤ交換はサイズやその他のオプションによって値段が変わります。それは、一定の値段ではなく依頼する場所によっても異ってきます。安い価格で済ますためにはいくつかの店舗を比較してみることが必要です。

More...

特殊技術の性能とその弱点

車のおもちゃ

スタッドレスタイヤは通常のタイヤと異なり、氷点下において初めて本来の性能が最大限に引き出せるよう作られています。そのため、雨天時などの降水量の多い日にはスタッドレスタイヤは向かないため、通常のタイヤに履き替えをする必要があります。

More...

タイヤの種類による違い

自家用車

車はそれぞれの車種の性能だけでなく、タイヤによっても乗り心地が変わってきます。タイヤの扁平率が大きい物を選べば衝撃吸収がしやすくなり、多少の段差では振動が伝わりにくくなります。逆に扁平率が小さければその分振動はダイクレトに伝わるようになりますが、その分ハンドルを切った際の操作性がよくなり運転がしやすくなるのです。扁平率のほかにも幅によってグリップ性能が変わります。きつい曲がり道である程度速度が出ていると細いタイヤの場合には簡単にスリップしてしまうため危険です。しかし、太いタイヤである場合は接地面が増えるため、それに伴いグリップ力も増えます。更にタイヤによっては道路を走っている時の音にも違いがあります。ブロックのでかいタイヤほど音が大きくなり、小さいものほど音がしにくくなるのです。そのような音を消すための工夫には様々あり、タイヤの外側と内側との間に特殊なデザインを施して振動が伝わりにくくなり、その振動によって起きる音を少なくしたものやノイズ吸収シートというものを採用し、振動しにくようになっているものもあります。

一般車についている車はラジアルタイヤと呼ばれるものですが、スポーツカーなどが履いているスポーツタイヤは価格も性能もまるで違います。スポーツタイヤはハードな走行などの際に使われることを想定して作られているものであるため、加速や停止、雨などによって濡れた路面でも高いグリップ力を誇ります。そういったタイヤは1本だけでも1万円や2万円と高額なもので、またその性能の高さと引き換えに通常タイヤより早く摩耗してしまうのです。更にレーシングカーなどで使われているタイヤであれば溝のないスリックタイヤというものが使われていて、通常のゴムよりも数倍も柔らかいソフトコンパウンドのタイヤなどが使われています。